個人事業で5年分の過少申告税や延滞税を税務署から請求され

私は5年前に脱サラして、以降、個人事業主として細々と生計を立てています。

事業については当初はそれなりに順調に来ていたのですが、最近はちょっと厳しい状況になっています。

そんな中、先日、税務署から指摘の電話がありました。

これまでの確定申告書を精査した結果、事業立ち上げ当時から、私の申告に疑義が生じているというのです。

その後、税務署からの税務調査を受けた結果、私は税金を過少申告していたということになってしまいました。

それについては、納めていなかった本税のほか、過少申告税や延滞税までかかり、総額となると5年分ですので結構な金額になってしまいました。

こんな金額、すぐに用意できるはずがないと泣きついたのですが、遅れれば遅れるほど、延滞税が課せられると聞いて、泣く泣く親に借金を申し入れました。

俺はそもそも私の脱サラには反対しておりましたので、最初、借金を申し入れた際には、

家をたたき出され、潮までまかれる始末でした。

途方に暮れていましたが、そこに父から一本の電話があり、今回に限るという約束でお金を借りることができました。

今回の借金は情けなさと恥ずかしさで一生忘れることはないでしょう。

借りやすい,消費者金融,審査,甘い,通過しやすいをお求めの方はこちらからどうぞ

当サイトに掲載の商品はアフィリエイトプログラムを導入して掲載商品の紹介に務めております。掲載商品の詳細情報は公式サイトにてお確かめ下さい。

Copyright(c) 2013 一番借りやすい消費者金融 審査が甘い通過しやすいのはココ! All Rights Reserved.